箏奏者 藤川いずみ

 新箏(にいごと:21絃)ソリストとしてソロリサイタルを中心に三木稔コレクションシリーズを展開。  
 文化庁「本物の舞台芸術体験事業」巡回公演では、邦楽創造集団オーラJ(芸術監督故三木稔)箏奏者として、また東京室内歌劇場オペラでも箏のソリストを務め、北海道から沖縄まで全国で演奏した。
 国際的な活動として、オーケストラ・アジア日中韓公演や、アジア・アンサンブルでは八ヶ岳国際音楽祭でアジアの優れたソリストたちと共演。日韓国交50周年記念「日韓伝統オーケストラ」を設立しプロデュース、オーストラリア「日豪交流音楽祭」を企画プロデュースするなど、伝統楽器を通して国際文化交流に尽力。フラメンコ箏ピアノユニット“TRINITY”ではスペイン公演など、海外招聘演奏も多数行っている。
 邦楽教育では“和楽器にぎわい座”学校公演(熊本県・熊本市教育委員会派遣)や教育講演会、“くまもと邦楽会館”子ども邦楽体験教室など次世代育成にも力を入れている。
 出版は日本を代表する作曲家三木稔氏の依頼により結出版で全三木作品の管理運営と楽譜編集を行った。
 万里の長城杯国際音楽コンクール第1位。信友社賞受賞。三木稔コレクションシリーズ#31三木稔没後
10年メモリアル「新箏オーバード」(2021)が高く評価され令和4年第63回熊本県芸術文化奨励賞受賞。
20130505新箏リサイタル 015.jpg
20130505新箏リサイタル 015.jpg

press to zoom
_DSC8666のコピー.jpg
_DSC8666のコピー.jpg

press to zoom
_DSC7387.jpg
_DSC7387.jpg

press to zoom
20130505新箏リサイタル 015.jpg
20130505新箏リサイタル 015.jpg

press to zoom
1/3

詳細プロフィールや写真ギャラリーはこちら。